メンズ

大規模修繕の見積もりは1社に絞らないことが大切

修繕を素早くする

作業員

業者選びは自治会で決める

マンションの大規模修繕をするとき、何かと大変なのが住民の同意を得ることです。住民が共同で利用しているため、大規模修繕をするときは状況に応じて半数あるいは5分の4の住人の同意を必要とするからです。しかし、マンションの住人は皆家族構成や利用目的・人生設計が違うため、なかなか必要な同意を得られにくいケースもあります。そこで出番となってくるのが、マンションの大規模修繕を専門としている業者です。大規模修繕の提案から、住民への説明や意見の集約、そして、修繕工事の着手まで一連の作業を行うわけです。本来はマンション自治体で決めるものですが、多くのケースでは住民の多くは建築において素人であるため、話がほとんど進みません。老朽化で補強工事をするのは必要不可欠であっても、議論が進まずに年月ばかりが経ってしまうケースも決して少なくはありません。そこで仲介役として、専門の業者が入ることがオススメで、大規模修繕のスピードが格段と高まることとなります。そこで重要となるのが、業者の選び方です。マンション住人のごく一部で業者を決めてしまっては、それが他の住人の不信感を招くことにも繋がります。そのため、どのような業者を選ぶのかはマンション自治会の議題に乗せて、きちんと話し合うことが大切です。みんなが納得した業者を選ぶことで、業者への信頼感を増すことができ、住民の意見の集約もスムーズに進めることができます。どんなに優れた業者でも信頼を得ている必要があります。