メンズ

大規模修繕の見積もりは1社に絞らないことが大切

マンションの維持管理

男女

一戸建てであってもマンションであっても定期的にメンテナンスを行う必要がありますが、特にマンションの場合には一度に全体の大規模修繕工事を行う必要があることから、工事の実施に当たっては、施工業者の選定など様々な課題が生じます。そのため、大規模修繕工事を実施する場合には、あらかじめ十分に研究したうえで取り組むことが重要になります。一戸建ての場合でも10年に一度程度の割合で大規模なリフォームが必要になりますが、それでも100万円程度です。マンションの大規模修繕工事の場合には数千万円の規模になりますので、業者の選定次第では費用負担が大きく異なってきます。また、不透明な業者選定を行うと後々まで疑問が残りますので、適切な業者選定を行わなければなりません。業者選定を行う上で注意しなければならないのは、公平性・透明性です。マンション建築を行った建築会社に依頼する場合もそうですが、何かしら関係のある業者に依頼する場合には、居住者から疑問の声が出ることが少なくありません。マンション建築を行った建築会社の見積もりが低くなるのは当然ですが、そこに適切な選定過程がなければ、誰の納得も得ることができません。また、理事会などの関係者が受注した場合にも、様々な憶測を呼ぶことになりかねませんので、利害関係者の参入は基本的には避けるべきです。業者選定を入札で行う場合にも、単に価格だけでなくプロポーザル方式により提案させることが大切です。大規模修繕工事は居住者全員に関係してきますので、みんながわかりやすい提案を選択するべきです。