切り絵のマンション

大規模修繕の見積もりは1社に絞らないことが大切

大規模な住まいの補修

マンション大規模修繕工事業者を選ぶ際には、詳細な見積書を作成してくれる所を選ぶことが大事です。また、過去の施工実績記録を見ることで対応可能な補修工事を知ることができます。補修後のアフターフォローが手厚いことも大事なポイントです。

マンションの維持管理

マンションの大規模修繕工事を行う場合には業者選定が重要になります。公平性・透明性が大切ですので、利害関係者が入札に参加しないようにする必要があります。また、単に価格だけでなく提案内容による比較も重要です。

工事発注の注意点

模型を持つ人

どんな建物でも経年劣化していきますので、定期的なメンテナンスを行わなければ、長期間使用することはできません。住宅の場合には、特に居住用に使用しますので、10年から15年程度のスパンでメンテナンスを行う必要があります。定期的な維持補修工事をしておかなければ快適な居住空間を維持できないからです。このことは、一戸建ての場合でもマンションの場合でも同じです。特に、マンションの場合には、利害関係者が多くいますし、大規模修繕工事になりますので計画的なメンテナンスが重要になります。住宅のメンテナンスは基本的には外壁や屋根の補修になります。建物を風雨から守ってくれているものですから、適切なメンテナンスをしなければ漏水等の恐れがあります。マンションの大規模修繕は費用的にも高くなりますので、きちんとマンションの現状を診断したうえで大規模修繕にかかる見積もりを取って実施していくことが重要です。大規模修繕の見積もりを取る場合には、複数の業者からもらうのが基本です。マンションの建設会社は、関係は深いかもしれませんが、それだけ見積もり額も高くなる傾向がありますので、その他の複数の会社から見積もりをとることで安く抑えることができます。見積もり額を適正に判断するためには、どのような大規模修繕工事を行ってもらいたいか、統一的な仕様書を作成して、それぞれの業者に判断してもらう必要があります。そうすることで、金額だけでなく、内容的にも満足のいく結果を得ることができます。

修繕を素早くする

マンションの大規模修繕で難しいものの一つは住民の意見の集約です。それをスムーズにするために専門の業者を利用するのが良いです。また、業者に信頼を与えるためにも、自治会できちんと業者を選ぶことが大切です。